神道論

『一つの聖なる道』神道と共存する宗教

神道は「日本」と言う特殊条件であるから成り立つとも言われます。特殊性の他に普遍性はないんでしょうか。そのことを考えて見ました。

日本と宗教の多様性

日本における宗教信仰は、複雑であることについて贅言は不要かと思います。

我が国はキリスト教の流入が仏教などに比べて遅かったこともあってか、一神教特有の排他性は定着せずに様々な宗教を多重的に生活に取り入れています。

神社に初詣、クリスマスツリー、仏教のお葬式、お金儲けの側面も否定できない宗教イベントもあって純粋な信仰と言う観点から言うとかなりあやしいのですが、どれも生活の中に組み込まれています。

そして、欲望を叶える為、豊作を祈る為、感謝する為、国家安寧をいのる為、様々な内容を伴う祈りが産まれて、それを捧げる対象が文字通り八百万に膨れ上がった宗教社会が形成されました。

神道の祈りの多様性について言えば、例えば伊勢の神宮は個人的な願いを叶えて頂きに参拝する所ではなく国家安寧や皇室安泰を祈るべきとされ、典型的な「公」の祈りがささげられる聖地でとされています。古来は原則「私幣禁止」とされていました。

逆に個人的な願いは、産土神社(その人の生誕と死後を司るその地域の神)に参拝すべきとも言われたり、あそこに行けば恋愛成就とか、芸事上達等、崇拝の対象が一神に集中していません。

神道はもともと農耕と深い関係があり、例えば令和の時代に入り『践祚大嘗祭』が予定されていますが「豊穣」を祈る信仰様式としても日本における宗教の一翼になってきました。

仏教で言うと個人の悟り=個人的な救いから、東大寺建立に見られる様な国家鎮護としての役割等祈りの内容に応じて様々な態様を持っています。

神道の世界宗教としての可能性

この様な複雑で多重的に混在する状況の日本において、特定の宗教のみを取り上げただけでは、日本の宗教状況の説明が困難であると言う結論から、バイロン・エアハート氏は『一つの聖なる道』と言う考え方以って、日本で発展してきたの諸宗教を渾然一体であるかの様に説明します。

『一つの聖なる道』として日本の宗教状況を掴もうとしますと神道も重要な要素の一つではあるが、神道が『一つの聖なる道』そのものと言うことはできなくなります。

しかしながら、私自身が神道バイアスがある点も影響している部分は否めませんが、様々な宗教で構成されるこの日本の宗教状況を一つの世界観即ち一つの聖なる道と認識できるのは、神道が根本にあり、諸宗教の概念や思想を下支えしているが故であると考えてしまうのです。

一般的に科学はエダガクであって、これをまとめる学問を宗教=ソウキョウと言われたりしますが、多様な宗教が一つの世界観に収斂されるのは、神道が諸シュウキョウをまとめるソウキョウの役割を果たしているのではないかと考えているのです。

この事は、神道の優越性を述べているのではなく、日本の宗教上の前提条件、根本性の問題を問う話です。

優越性を主張することで、神道に排他性を備えさせようと企てているわけではございません。

つまり神道が持っている色々な宗教を受け入れる大度量と言う側面は、神道が「民族宗教」ではなくて、「世界宗教」或いは「普遍宗教」となり得る可能性の一つであると言えるのではないでしょうか。

無論、神道を世界に理解してもらうためには「神道神学」の発達は必要な条件となってくるでしょう。

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です