日本の神話に遊ぶ

【日本神話】八岐大蛇と天叢雲剣

八岐大蛇と須佐之男命のバトル、そして我が国のレガリアであり神器と名高い天叢雲剣の話。

八岐大蛇は良くゲームや漫画等のエンターテイメントの世界ではカッコイイモンスター役ですが、実は国津神であらせられます。

御霊信仰の観点からもお祀りする神社があっても不思議ではないよね。

八岐大蛇(やまたのおろち)退治のあらすじ

須佐之男命(スサノオノミコト)は、高天原で天照大御神に迷惑をかけ過ぎた結果、罰を受け高天原を追放されることになりました。

追放された先は、中津国。出雲国の簸(ひ)の川上に降られます。

降ってきた所で泣き声が聞こえてきました。

泣き声の先に行くとおじいさんとおばあさんが女の子を囲んで泣いています。

須佐之男命は「あなたがたは誰で、なぜ泣いているのか」と問われます。

おじいさんは「私は脚摩乳(あしなづち)、これは妻の手摩乳(てなづち)。そして娘の櫛稲田姫(くしいなだひめ)と言います。8人の娘がおりましたが毎年大蛇に飲み込まれてしまうのです。最後に残ったこの娘も飲まれるのではないかと思うと悲しくなり泣いているのです。」と説明しました。

脚摩乳(あしなづち)、手摩乳(てなづち)は国津神(二柱とも大山津見神の子だとされます)。ただのおじいさん、おばあさんではなく、神様なんですよね。

須佐之男命はこの櫛稲田姫(くしいなだひめ)を見初め、その大蛇を退治を条件に求婚しました。

脚摩乳は櫛稲田姫を奉る事を約束します。

八岐大蛇討伐作戦

この大蛇は古志の八岐大蛇(ヤマタノオロチ=八俣遠呂智とも)と言う国津神で、頭と尾が八本、眼は酸漿(ホオズキ)の様に赤く、背の上には松や柏が生えていて、とてつもなく大きいのです。

そんな難敵に対するべく須佐之男命は一計を案じます。

まず須佐之男命は、脚摩乳(あしなづち)、手摩乳(てなづち)に八塩折之酒(やしおりのさけ)を作らせます。

(八塩折之酒は、何度も何度も醸した酒の事を言い、アルコール度数が高くなっています。)

そして八つの門扉を作って、八つの壺を造りそこに八塩折之酒をなみなみと注ぎました。

暫くして、八岐大蛇がやって来て、八つの頭をそれぞれ八つの門に差し入れて八つ壺の注がれた八塩折之酒を飲みはじめました。

八岐大蛇は酔ってしまって眠ってしまいました。

須佐之男命は、すかさず十握剣(トツカノツルギ)を抜き、油断している八岐大蛇に斬りかかり打ち倒しました。

巨大な大蛇を酔わせる酒に、大蛇に見合ったサイズの門扉と壺をこしらえた須佐之男命と脚摩乳、手摩乳。そこはやはり力のある神々だったのかもしれません。

しかしながら八塩折之酒と十握剣(+建築製造)、双方が揃って八岐大蛇を倒した。どちらかが欠けていたら、八岐大蛇は倒せなかったかもしれませんね。

特技×特技=強大な力。

各個人が持っている興味才能特技をとことん突き詰めて、それを別の力と重ねた時のエネルギー・・・。一人では成しえない大きな産霊が働きます。

ちなみに脚摩乳、手摩乳は兵庫県の姫路市「廣峯神社」、 埼玉県の川越市 「川越氷川神社」に祀られています。そもそも国津神ですもんね。

いずれの神社も須佐之男命を主祭神とする神社で素戔嗚尊に寄り添うようにお祀りされています。

天叢雲剣ー宝剣出現ー

須佐之男命が八岐大蛇を斬りつけていると尻尾の部分で固いものにあたって剣が欠けてしまいました。

何かと思い改めて尻尾を切り裂いて見てみるとそこには素晴らしい剣があったそうです。

須佐之男命は直感でただ事ではないと感じ、この剣を天照大御神に捧げ奉っています。

この剣こそ、本朝のレガリアとされる「三種の神器」の一つ、世に名高い「天叢雲剣」=「草薙剣」なのです。

おすすめ関連記事

三種の神器と帝師「杉浦重剛」」では倫理的意味側面から詳しく天叢雲剣(草薙剣)等、三種の神器を考察しています。

須佐之男命は約束通り櫛稲田姫と結ばれた後、新婚暮らしの拠点を須賀に定められれました。

その際に「八雲たつ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」と言う有名な和歌を御詠みになられます。

日本最古の和歌と呼ばれていて、「雲が湧くこの地で、妻を住まわせる場所に八重垣を作っているんだよ」と言った意味。

新しい生活がはじまるワクワク感がまるで雲が湧きたつ様なそんな内容になっています。

そして須佐之男命と櫛稲田姫の子孫が大国主命で後の神話で大活躍します。

八岐大蛇の落胤

須佐之男命に討伐された八岐大蛇ですが、国津神として自身の延長たる子孫を残したとされています。

例えば大江山の酒呑童子(シュテンドウジ)が有名。

須佐之男命に敗れた八岐大蛇は死んでおらず近江の国(滋賀県)まで落ち延び、富豪の娘を孕ませ、酒呑童子を産んだとされます。

『御伽草子』と言う我々が知っている昔話が納められた本には、この酒呑童子、幼少の時からかなり美少年で且つ才能あふれていたと書かれています。

但し気性が荒かったせいもあり疎まれてしまい、寺に預けられてしまったそうです。

そしてその寺の僧が外法使い(禁術使い)だったので、その影響か鬼になったとされています。

大江山を根城に美女をさらったり、人を食べたりしたので、時の一条天皇が勅を発して源頼光(みなもとのらいこう)が討伐に向かうのですが、八岐大蛇と同様に酒好きの酒呑童子、そこが弱点でした。

頼光一行が八幡大菩薩(応神天皇)から賜った神便鬼毒酒を酒呑童子に飲ませ、動きを封じている間に首を斬り落としました。

親子そろって酔ってる間にやられたわけですね・・・。

この酒呑童子の首が埋められている神社が首塚大明神で、源頼光に首を斬られる直前に、悪さをしたことを悔いて、首から上の病は癒すと約束をしたそうです。

心霊スポットとしてヒットしますが、大明神として敬われるご存在になられたのですから、神聖な場所な気が致します。

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です