五大神勅考

五大神勅ー日本の礎ー ②同床共殿の神勅

神勅の基本的考え方は右記事参照⇒ 「五大神勅ー日本の礎ー 総論及び①天壌無窮の神勅

「2」同床共殿の神勅

吾(あ)が兒(みこ)、此の寶鏡(たからのかがみ)を視まさむこと、當(まさ)に吾(あれ)を視るがごとくすべし。與(とも)に床(みゆか)同じくし、殿(みあらか)を共(ひとつ)にして、以て齋鏡(いわいのかがみ)と為す可し。

意味:我が子孫よ、この宝鏡を視るときには、吾、天照大御神を視るものと思いなさい。同じ床に、同じ宮にあって鏡を祀りなさい。

神勅の解釈

この神勅からは、2つの事がわかります。

まず天照大御神の子孫である歴代天皇は、鏡を天照大御神と思ってお祀りする事。

そして同じ生活空間にあり、離れずに同じ住家に共にある事。

これ等の事から、この神勅は天皇と天照大御神の同化がとても意識されていると言えるのです。

順次その旨を詳述して行きたいと思います。

実際現在でも、我々が享楽に耽っている間でも陛下は祭祀を行われておられます。

令和にあって践祚大嘗祭も行われましたが、この大祭も天照大御神に感謝を述べる重犠の祭りであり、この事からも、天皇と天照大御神の深い結びつきが明瞭となっています。

この神勅では鏡を通してと言う事ですが、お祀りを通して天照大御神の御神意を確認すると言う事であり、これは恣意を退け神意を以って国を統治することに繋がってきます。

西洋的な知見で物事を考える方々は、政教分離の観点から皇室祭祀を公費で賄うことは如何なものかと言う議論行います。

然しながら、君主の地位にある天皇は天照大御神の御神意に拘束されると捉え、祭祀を以って常にこの神意に立ち返っておられると考える事もできるわけです。

つまりは政教分離と言う制度的保障の効果を上回る人権保障に当たるのではないかと思うのです(天照大御神が「自由」も包括する「産霊」と言う概念に立脚されている事が前提になってきますが、この点は言わずもがなです)。

この神勅が有効であるならば、同じく他の四つの神勅はもとより、神勅の形で明示されていない天照大御神の御神意が西洋の国王権力を制限するマグナ・カルタの様な働きをすると解する事ができるのです。

政治的な側面からの解釈はさておいて、神勅そのものをもう少し考えてみましょう。

「此の寶鏡(たからのかがみ)を視まさむこと、當(まさ)に吾(あれ)を視るがごとくすべし。」を見ますと天皇が天照大御神と同化すべき事が良く理解できます。

鏡と向き合う時、当然ながらそこには御身が映し出されています。

その鏡に映し出された御身を天照大御神と同視すべしとされているのです。

御身を天照大御神を認めると言う作業は、天照大御神そのものになる事であり、そしてその鏡は常に側に在ある(同床共殿)のですから、日常的に行われることになります。

祭祀による天照大御神に対する認識と内在する天照大御神を顕在させる日常的な作業によって、天皇はますます天照大御神と同化して行きます。

天照大御神の御神意

天壌無窮の神勅が天皇による統治を命じ、その統治はこの同床共殿の神勅によって神意に従って統治せよと言う事になります。

そうであれば、天照大御神を淵源とする他の神勅の意味もしっかり把握しなければならない事はもちろん、天照大御神が天皇に何を求めておられるのか日本神話の研究が必要になってきます。

一貫して統治の面を強調しましたが、天皇は天照大御神さながらの道を歩むべき事をこの神勅によって明らかにされたのです。

また、鏡を斎る事で同化した結果、神勅等は天皇がご自身に対して発した事と等しくなります。

それ故にこの神勅を以って天照大御神の御神意は、自戒の御表明とも解釈でき、天皇が天皇としてあるべき姿も明瞭になって行くのです。

この様な規範が無い場合「ウシハク」を旨とする西洋の絶対的君主と殆ど変わらなくなってしまいます。

おすすめ関連記事

①天壌無窮の神勅の謹解につきましては「五大神勅ー日本の礎ー 総論及び①天壌無窮の神勅」をご参照ください。

  1. 天壌無窮の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ①天壌無窮の神勅
  2. 同床共殿の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ②同床共殿の神勅
  3. 斎庭稲穂の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ③斎庭稲穂の神勅
  4. 神籬磐境の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ④神籬磐境の神勅
  5. 侍殿防護の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ⑤侍殿防護の神勅
ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士+管理業務主任者)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です