五大神勅考

五大神勅ー日本の礎ー ④神籬磐境の神勅

神勅の基本的考え方は右記事参照⇒五大神勅ー日本の礎ー 総論及び①天壌無窮の神勅

「4」 神籬磐境の神勅

吾(あ)は則ち天津神籬(あまつひもろぎ)天津磐境(あまついわさか)を起樹(おこした)てて、まさに吾(あが)孫(すめみま)の為に齋ひ(いわい)奉(まつ)らむ。汝、天児屋命(アメノコヤネノミコト)、太玉命(フトタマノミコト)、宜しく天津神籬を持ちて、葦原中国(あしはらのなかつくに)に降りて、また吾孫の御為に齋ひ奉れと。

意味:私は、天津神籬(神の依代=神が宿ります樹木)、天津磐境(石を用いて区画した神聖な場所)を造り、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の為に斎います。なんじら天児屋命(アメノコヤネノミコト:忌部氏の祖)、太玉命(フトタマノミコト:中臣氏の祖)、天津神籬を持って葦が繁茂する地上に天降り、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の為に斎ってください。

神勅の解釈

この神勅は天照大御神ではなく、高木神(タカギノカミ)即ち高御産巣日神(タカミムスビノカミ)の神勅なのです。

先の三つ神勅が主に天皇に対する御神意の表明であったのですが、今回は天皇を助ける神々に対して発せられものとなっております。

そしてこの神勅に至って、色々と解釈できるので難解です。ゆっくり考えて頂ければと思います。

神社検定でもお馴染みの神籬(ヒモロギ)、神様が仮に降りていただく樹木ですが、 これを高御産巣日神(タカミムスビノカミ) がお祀りする。

そして、地上に降った天児屋命(アメノコヤネノミコト)、太玉命(フトタマノミコト)をしておなじ形式の 神籬(ヒモロギ)でお祀りをする。

さてここで疑問が湧くと思うのですが、いったい何をお祀りするのか、天津神籬にはいったいどんな神様を降ろし、そして斎うのかと言う事です。

私は天照大御神から連なる歴代の天皇ではないかと考えています。

古事記もページが進むにつれて天皇の御人格も認識できるようになってきます。

従いまして、歴代天皇をお祀りすると言う事は、人格をお持ちになった人間としての天皇もお祀りすることになります。

しかしながら、この神勅で祀る天皇と言うのは一個一個の人格と言うよりも、その背後にある皇霊を祀ると言う方が正しいかもしれません。

そして、皇霊とは天照大御神の産霊を本質としますから、高天原にあっては高木神がこれを斎い尊重し、中津国においては、天児屋命、太玉命が斎い尊重する。

つまりは見えない世界も見える世界も産霊を尊重すべきことが語られているのです(根の国、黄泉国では斎い尊重しない意味も深そうです。「穢れ」や「分裂」を本質としていると言うことの裏返しと言えます)。

余談ながら、その天照大御神の当世の表現者である天皇を祀れば、その背後におられる天照大御神を祀る事になり、天照大御神を祀るとその表現者である歴代天皇全ての御魂をお祀りする事に通じます。

この理論を広げれば、一霊を受けている存在を祀れば、その背後にある一霊の大元である天御中主神を祀る事であり、天御中主神を祀る事は、天御中主神を表現する一霊を受けた存在全てを祀る事になると言えます。

一つは全その物であり、全は一つそのものであると言うこのブログに一貫している神道哲学の一つです。

顕幽を貫く皇霊と研究課題

高御産巣日神は天照大御神と並び高天原の代表的な神様で、この神様が天皇をお祀りする。

そして地上では、我々国民を代表して天児屋命(アメノコヤネノミコト)、太玉命(フトタマノミコト)=厳密に言えば子孫が神籬を通して天皇の御魂をお祀り申し上げる。

(神籬に依る魂=)皇霊が天と地の結節点となると言う見方ができるのです。

言い方を変えれば、高天原の神々と我々国民が国の統治の根幹たる皇霊を祀る事で一個の共同体を形成することになります。

(この皇霊の体現者として当代の天皇がいますことで、陛下を通して皇霊・産霊を確認できるのが大変ありがたい事です。)

この神勅は神々と人々はお互いに上手く意思疎通ができないけれども、皇霊を祀ると言う点で意識を共有せよと言う事。

この為に現世と幽世の一体感が発生してきます。

神々と我々が 一個の共同体を形成しているということであれば、神々の神意についても無視できなくなり、現世側の一方的な都合での国の運営や生き方は憚られます。

この点で言えば現在やかましく言われている環境保護にも繋がってくるかもしれませんね。

民主主義は生きている人だけが決定権を持っているのではなく、古の人たちの意思表明も汲んであげなくては真の民主主義ではないと言う考えに近いとも言えます。

もちろん、言葉を述べて意思表示をする神々はなかなか居られませんが、古事記や日本書紀にその御神意が語られていたりします。

ここに神話を研究する必要があるわけです(神々の御意思はつまるところ産霊と言う事になりますが)。

神々の意も人々の意も慮る事を神人合一を言い。これを政(マツリゴト)と言うのかもしれません。

然しながら、高木神はいったい何をお祀りせよと申されたのか判然としません。

一応の答えとして皇霊としておりますが、その決定的な論証ができていない以上、今後の研究課題です。

  1. 天壌無窮の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ①天壌無窮の神勅
  2. 同床共殿の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ②同床共殿の神勅
  3. 斎庭稲穂の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ③斎庭稲穂の神勅
  4. 神籬磐境の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ④神籬磐境の神勅
  5. 侍殿防護の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ⑤侍殿防護の神勅」  
ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士+管理業務主任者)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です