五大神勅考

五大神勅ー日本の礎ー ⑤侍殿防護の神勅  

五大神勅で五つの目の神勅です。天皇だけではなく、我々国民に対しても高御産巣日神(タカミムスビノカミ)からお言葉を頂いていると解釈できます。天皇あっての日本国民、日本国民あっての天皇、この考え方の一つを学べます。

1.「5」侍殿防護の神勅

願(ねが)はくは、爾(いまし)二神(ふたはしらのかみ)、また同じく殿(みあらか)の内に侍(さぶら)ひて、善く防ぎ護ることをなせ。

意味:あなた方、天児屋命(アメノコヤネノミコト)、太玉命(フトタマノミコト)の二柱の神達、同じく建物の内にあって、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)の側に控えてしっかりお守りしなさい。

2.神勅の解釈

五大神勅ー日本の礎ー ④神籬磐境の神勅」 に続きまして、再び高御産巣日神(タカミムスビノカミ)のお言葉です。

こちらも、天孫や天皇に対しての神勅ではなく、天孫降臨に際してお供した、天児屋命、太玉命への神勅になっています。

神々と我々を結ぶ天皇を良くお守りして欲しいとの内容になっています。

時として和合や統合を司る存在は、力や暴力、荒々しさに弱い事が神話にも見えます。

素戔嗚尊は天照大御神が庇ってくれることを良い事に高天原で大暴れしました。

天照大御神は和合、統合のご存在として、素戔嗚尊を守ろうとしたのですが、都度その真心は素戔嗚尊には理解されず素戔嗚尊は、悪さを重ねてしまいます。

その結果、天照大御神は御不例で岩戸に籠られることになるのです。

おすすめ関連記事

素戔嗚尊が行った高天原での暴れっぷりは、大祓詞の天津罪の一部として取り上げられています。神道の言う罪とは何か⇒「大祓の神事 ー大祓詞謹解ー

天皇(統合の核となる御存在)が暴力や悪意に弱いと言う事であれば、国民がしっかりお守りしなければならないのです。

我々が例えば素戔嗚尊の様に暴れたとしても、愛を以って接してくださる存在。

五大神勅ー日本の礎ー ②同床共殿の神勅」 国民がどれだけそっぽ向こうが、国民の為に祈りを捧げ、 「五大神勅ー日本の礎ー ③斎庭稲穂の神勅」 によって、国民の食や福祉を危ぶまれる。

そのような、無私の祈りによる祝福を受けている我々国民は、少なくとも天皇が岩戸に籠られてしまう様な(=言い換えるならば精神的な苦しみを感じてしまわれる様な)振舞いは決してしたくないものですね。

3.国民の道を知る手掛かりとして

高木神の「願(ねが)はくは」と言う一言目の奥ゆかしく且つ命令ではなくどちらかと言えばお願いに近い言い方は味わうべき部分です。

天児屋命、太玉命がなぜ侍殿防護の栄誉に携われたのか、どうして我々国民を代表して陛下の御側でお仕えできるのか、二柱の神々の神格論や事績をひも解けばわかるかもしれません(国民の道の鮮明化)。

  1. 天壌無窮の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ①天壌無窮の神勅
  2. 同床共殿の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ②同床共殿の神勅
  3. 斎庭稲穂の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ③斎庭稲穂の神勅
  4. 神籬磐境の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ④神籬磐境の神勅
  5. 侍殿防護の神勅 ⇒謹解記事「五大神勅ー日本の礎ー ⑤侍殿防護の神勅」  

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です