日本の神話に遊ぶ

【日本神話】ー世界のはじまりと神々ー

どんな宗教であれ、神話の最初の部分と言うのは抽象的だったり、情報が少なすぎて理解に苦しみます。

しかーし!この難しい冒頭部分の理解でその神話の面白さや理解の仕方が違ってきますから、しっかり研究しておきたい部分でもあるのです。

日本神話が伝える「世界」

天地初めて發けしとき、高天の原に成れる神の名は、天之御中主神、
次に高御産巣日神、次に神産巣日神。

この三柱の神はみな独神と成りまして、身を隠したまいき。

天地初めてひらけしとき・・・。この良く知られた一文から神話がはじまります。

キリスト教では全知全能の神(ゴッド)が世界を創造する所からはじまりますが、日本神話すでに「世界」があって、天と地が分れたときに神々が登場すると言う世界観になっています。

キリスト教の場合、ゴッドが世界を含めあらゆるものを造り上げた創造主であり、我々人間も含め被創造物と言う立場になります。

創造した側と創造された側には大きな隔たりがある。

少し『聖書』を読むとわかりますが、生殺与奪の権が創造主が持っており、創造主の機嫌を損ねた被造物はひどい目にあっています。

日本神話では神々も我々も世界がすでにある状態か産まれ出でたわけです。

先行して生まれた神々とその力をによって活かされる人間ではあるのですが、我々は神々の子孫であるとの認識を持っているので、キリスト教に見られる様な絶対的な神と人間との間の懸隔はないのです。

少なくとも我々人間は神々と一霊を分かち合う同じ存在であるとさえ言えます。

神々はただ天上に居られて、罰を下す存在ではなく、修理固成の共同事業者として大変身近な存在であると「天地初めてひらけし時」云々の一文で理解できるのです。

無論身近な存在とは言え、そのお力や我々を助けてくださる尊い存在である事には変わりませんが。

天之御中主神 (アメノミナカヌシノカミ)

なんでも最初が肝心で、この最初に成られた神様の理解で神道の意義を決すると言っても過言ではありません。

要するに組織神学上、この神様の御神格をどの様に理解するかで理論の展開の仕方が変わってくるのです。

この神話シリーズは筧克彦博士の考え方に沿っています(詳しくは『神ながらの道』ー筧克彦博士が貞明皇后へ講演した速記内容を博士が補訂したものーを参照されたし)。

この神の御名から導き出される御神格は、「無限に広がる或いは無数に存在する中心を包括される神」です。

何のことやら・・・ですが、この世界の全てそのものと理解すれば良いかと思います。

そしてこの神様を良く見れば、産霊と呼ばれる作用を第一に発見する(全ての物が天之御中主神であるならば、その辺の物でもいいし自分自身でも良い。演繹的観察は容易いですね)。

無限に広がる或いは無数に存在する中心を包括される神の中にこの作用があるとすれば、あらるゆ物事の法則がこの産霊を内在せざるものがない。

産霊とは、事物(観念であれ物体であれ)を意義付けする事を言います。

これも何のことかわかりにくいですが、例えば、我々は家を家として当たり前に認識し意義付ていますが、実はこの「住む場所・道具」と言う意義付けがないと家は単なる木材の塊で価値・意義を持たなくなる。

家具なども同じで、椅子を椅子として意義付けないと木材の組み合わせた何かにしかなりません。

産霊は愛する事、創設する事、意義付ける事などを意味しています。この産霊の作用が天之御中主神のお働きの中でも顕著なのです。

そして天之御中主神に見られる産霊の働きを高皇産霊神(タカミムスビノカミ)と神皇産霊神(カミムスビノカミ)とお呼びします。

この世界に満ち満ちている天之御中主神は、先ず第一に産霊のご性質(否本質ともいえる)を持っているという事になるのです。

これが、「天壌無窮の神勅」とも関係してきますが、神道神学に言う上昇史観の基となっているのです。

おすすめ関連記事

天壌無窮の神勅についてはこちらの記事をご覧ください⇒「五大神勅ー日本の礎ー 総論及び①天壌無窮の神勅」。

高皇産霊神(タカミムスビノカミ)と神皇産霊神(カミムスビノカミ)

産霊を第一の性質であるならば、この働きを皇産霊神(ミムスビノカミ)とお呼びすれば良いのですが、二柱の御名を拝することになります。

高皇産霊神(タカミムスビノカミ)と神皇産霊神(カミムスビノカミ)。

産霊が行われるときはには、必ず産霊を働きかける側と働きかけられる側があります。

先ほどの家の例で生きますと、家を家だと認識する主体として自分(人)がいます。

一方で家を家として認識される木材がある。

万事がこの様に解せますので、産霊の能動側の働きを高皇産霊神(タカミムスビノカミ)とし、受動側を神皇産霊神(カミムスビノカミ)とお呼びするのです(これを大陸風に言うと陰陽と言う事になります。)。

そして面白いのが、人間の様に産霊を使いこなす力が強い場合、どちらの神々の御働きを駆使できるという事です。

例えば、先生と生徒が分かり易いでしょう。教える側と教えられる側があり、教える側が高皇産霊神(タカミムスビノカミ)の御働きを活躍せしめて、生徒が神皇産霊神(カミムスビノカミ)の御働きを活躍せしめる。

学校と言う天之御中主神の中で、教育と言う名の産霊が作用しているのです。

教える方も教えられる方もそれぞれの神様を発揮しなければ産霊が成り立ちませんね。

ちなみにですが独神とは、三柱が一体であるという意味で、夫婦であるとか独身であるとか言う意味ではありません。

まだこの段階で性別を持った神格は登場しないというのが一般的な理解ですし私もそう思います。

管見ですが河合隼雄氏の中空構造論は少し物足りない気がしますね。

身を隠したまいき。隠れるは幽れる(かくれる)であって幽界に居られ普段、この現界では容易には拝見できないと解して良いでしょう。

神社検定対策 用語のおさらい

用語:意味:
高天原(たかまのはら)天津神がお住まいになる理想世界
柱(はしら)神々をお呼びする時の助数詞
独神(ひとりがみ)神学的理解:数柱の神様は本来一柱との意味
俗説的理解:伴侶のない独身の神様との説明もされることも

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です