神道論

清明正直ー神道の倫理観ー

清明正直、何となく聞いたことがあると思います。数少ない神道における規範、人としての在り方を述べた基準だったりします。

この記事では、清明正直について考えて見たいと思います。

清明正直とは

清明正直は神道が提示する最も知られた規範です。「清く明るく正しく直く」、神道に関心を寄せる人ならば一度は聞いたことがあるかもしれません。

神社に奉職するためには階位と言う資格を取得しなければならないのですが、この規範、徳目が階位の名前にも使用されています。

(清)浄階(じょうかい)

明階(めいかい)

正階(せいかい)

権正階(ごんせいかい)

直階(ちょっかい)

神道は教義として守らなければならないもの、例えばキリスト教における十戒の様なはっきりした行動規範示されていないのですが、清明正直が徳目として語られてきました。

孝徳天皇が百済の使者に対して述べたお言葉に「既にして民の明(あか)き直き心を国土(クニ)に懐くの風有れば」とありったり、文武天皇が即位なさる時の宣命に「明支浄支直支誠之心以而(アカきキヨきナオキきマコトのココロもちて)」とあります。

天皇と国民との関係、即ち忠誠のあり方として述べられているとも解釈できますが、これを一般的に抽象化すると下記の意味が発見できると思います。

それぞれの徳目の意味

<清浄>:清いこと、即ち穢れていないこと、穢れていないとは清浄であることですが、説明としては循環論法で、ぼんやりして掴みにくい徳目ですね。

単純に、汚れてない。お風呂上がりの爽やかな状態。

悩み事抱え込み過ぎて、暗くなった気持ちではなく、患いのない軽い心持。こう言う状態である思えば分かりやすいかと思います。神道では良く自分の中には鏡があってそれを磨いて曇りをなくす事も重要視されますが、同じ意味合いです。変な付着物のない綺麗な鏡、そうであれば、物ごとを正しく照らしだし、映し出すこともできますね。

<明るい>:身体も心も清浄であれば自ずと気分も明るくなります。清々しい気持なのに暗いのはただ捻くれてるのであって、何か抱えているのに明るく振舞うことは空元気。

明るく元気な人は何かやってくれそうな不思議な魅力を感じますし、元気を分けてもらえますよね。明るい挨拶をしてもらった時を想像すると良いですね(自分が不浄な状態で元気な挨拶をされたら、元気をもらうどころかイラっとするかもしれませんが・・・)。

<正しい>:正しさの基準は人によって異なるので、この徳目も大変むつかしい問題です。常に自分の思考行動は正しいのかどうか反省は必要ですが、自分の正しいと思える価値観は常に持っていなければ、主体的な判断ができず。環境に流されて自分の立ち位置を見失うかもしれません。

<直い>:素直、ごまかさない。誠実であること。自分に嘘をつけばいったんは苦悩から離れられることもあるでしょう。泣きたいときに泣き、笑いたいときに笑う。結構できてないものです。人とのコミュニケーションでも嘘があれば息苦しくなるし、打ち解けられません。また、自分を素直に見つめられないと成長もできない。

以上の様に、少し考えただけで色々と解釈できますが、やはり徳目である以上、倫理的要素が強く感じられます。西洋における倫理学などと比べると西洋の人たちとの共通点が見えたり、互いの特異点が浮き彫りなり面白いかもしれません。

神道は、民族宗教であって世界の人々は共有できないなんて話を耳にしますが、儒教との比較においても、普遍性を持っている徳目である様に感じますがどうでしょうか。

神道の奥義を極めた人、キリスト教の奥義を極めた人、仏教の奥義を極めた人、特定の宗教によって悟達した者が互いに話し合った時に対立ではななく、共感の連続だったりするかもしれませんね。

おすすめ関連記事

本記事の清明正直論をベースに「神道と「公」「私」ー清明正直再考ー」にて内容を深めています。

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です