神格論

石上神宮ー剣の霊威を祀る社ー

剣の神様がお祀りされていて、境内の中に禁足地が存在するなんとも中二心が刺激される神社です。

この記事では石上神宮(いそのかみじんぐう)とそのご祭神、説話をご紹介したいと思います。

主祭神たる剣の神々

この神社のご祭神は、

布都御魂大神(ふつのみたまのおおかみ)、

布留御魂大神(ふるのみたまのおおかみ)、

布都斯魂大神(ふつしみたまのおおかみ)

と申し上げ、剣に宿っている霊力を神様としてお祀りしています。

それぞれ、その霊力の物実となる剣等は下記の通りです。

【神々】【物実】
布都御魂大神韴霊(ふつのみたま)
布留御魂大神天璽十種瑞宝(あまつしるしとくさのみづのたから)
布都斯魂大神天十握剣(あめのとつかのつるぎ)

剣の神々の由緒 ①布都御魂大神と韴霊

上記の剣の御名は神話にまでさかのぼり、古事記や日本書紀を由緒としています。

韴霊(ふつのみたま)とは、国譲り神話で国津神を説得、力比べを行って中つ国を平定した武神、武甕槌神(タケミカヅチノカミ)がお持ちになっている剣です。

天津神の代表として武甕槌神が中つ国の国津神の説得に当たるのですが、その際に剣を波の上に逆さに立て、その切っ先に胡坐をかいて座ると言う謎の会談姿勢を取られたそうです。

その謎さにびびってか、国津神の代表とその息子の神々は、服従の意をあらわしたのでした。

この時の剣は、「十握の剣(とつかのつるぎ)」とされていて、この剣が握りこぶし10個分の長さの剣であるからその様に言うのか(分類として言うのか)、それともこの剣の固有名詞なのか定かではなく、この剣が韴霊(ふつのみたま)なのか判明しません。

(様々な場面で十握の剣が登場する為、固有名詞ではなく剣の分類名かもしれません)

従いまして、国譲りの話は、武甕槌神(タケミカヅチノカミ)と韴霊(ふつのみたま)が関連するエピソードと言えるかもわからないのです。

しかしながら、

天下平定に大功があり、武神としての地位にある武甕槌神(タケミカヅチノカミ)が持っておられた剣なのですから、すごいものであることは間違いないですね。

その話が、神武天皇の東征の話に伝わっています。

神武天皇が熊野のまつろわぬ神々と交戦するのですが、苦戦を強いられてしまう。

この時に、高倉下(たかくらじ)と言う者が一振りの剣を神武天皇に献上し、神武天皇はこの剣で以ってあっという間に、敵を蹴散らしてしまいました。

高倉下(たかくらじ)が献上した剣は武甕槌神(タケミカヅチノカミ)が持っておられた韴霊(ふつのみたま)であり、苦戦している神武天皇を見かねた天照大御神と高御産巣日神が武甕槌神に段取りさせて、高倉下にもたらした剣でした。

そしてこの様な剣には、「現状打破」であるとか「起死回生」等のご神徳があると容易に想起できます。

剣の神々の由緒 ②布都御魂大神と天璽十種瑞宝

「ふるべ ゆらゆらと ふるべ」。

神道を勉強している方は一度は耳にされているかもしれません。

布都御魂大神は十種瑞宝(とくさのみづのたから)=天璽十種瑞宝の霊威の神格化とされています。

天璽十種瑞宝は天孫降臨で有名な瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の兄である饒速日命(にぎはやひのみこと)が瓊瓊杵尊に先立って、中つ国に降臨する際に天津神から授けられた下記10種の種の宝の事を言います。

瀛津鏡(おきつかがみ)

辺津鏡(へつかがみ)

八握剣(やつかのつるぎ)

生玉(いくたま)

足玉(たるたま)

死返玉(まかるがへしのたま)

道返玉(ちがへしのたま)

蛇比礼(へみのひれ)

蜂比礼(はちのひれ)

品物比礼(くさぐさのもののひれ)

ですので、布都御魂大神は純粋に剣の神様ではなく、剣を含む10種の宝の神様と言えます。

そして、これらの宝を受け取った際、

「もし痛むところあれば、この十種瑞宝(とくさのみづのたから)を、一二三四五六七八九十(ひとふたみよいつむゆななやここのたり)と言って、ゆらゆらと振りなさい。そうすれば死(まか)りし人も生き反(かえ)らん。」と、その活用法も授けられたそうです。

後に神武天皇の東征がはじまると河内で暮らしていた饒速日命(にぎはやひのみこと)は神武天皇に帰順します。

弟の孫に帰順するのですから、何か隠された事情がありそうでなさそうで興味深い部分でもありますが・・・。

そして、饒速日命(にぎはやひのみこと)の息子、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)が神武天皇の皇后の長寿を祈念し 十種瑞宝 を用いて鎮魂祭(みたまふりのみまつり)をおこなったとされます。

この様に、回復やここでも起死回生を連想させる十種瑞宝には、やはり霊威が宿っており、この霊威を布都御魂大神と申し上げるのです。

本物の十種瑞宝はどこにあるか所在不明。

石上神宮では朝拝にて大祓詞(おおはらえのことば)に続き、この天璽十種瑞宝と関連する十種祓詞(とくさのはらえのことば)、ひふみ祓詞(ひふみのはらえのことば)の奏上もなされています。

ちなみにこの朝拝には参加することもできます。
石上神宮HP 2019/12/22 閲覧

剣の神々の由緒 ③ 布都斯魂大神と天十握剣

この神様は、皆大好き?八岐大蛇退治の話で登場する剣で、須佐之男命が佩いておられた刀の霊威です。

この剣は天十握剣(あめのとつかのつるぎ)とされていて、上記の様に十握剣とは固有名詞ではない説を唱えておりますので、この時に須佐之男命が持っておられた剣の固有名詞は、わからないまま。

となると何という名の剣か知りたいですが・・・。

武甕槌神が武神ということですが、ご存知の通り須佐之男命のパワフルさやあらぶり方からして高天原において、トップを争う勇ましい神様です。

その神様が愛用し国津神八岐大蛇を斬ってしまう剣であるのですから、上記二振りの剣に劣らない神剣です。

その神剣の切っ先を欠けさせてしまう天叢雲剣は、もっとすごいと言う事でしょうね。

この剣の生贄にされそうな姫神を救うというエピソードからは現状打破のイメージがつきやすいですね。

これら三振りの剣の神々に共通するのは現状を変革する力、やはり起死回生のイメージです。

神宮号、鶏、神庫(鋭意執筆中)

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です