神道論

神道とお金の話

お金持ちになりたいとの祈りは、豊作を願う気持ちと本質的に同じ、本来は否定すべき事ではないと思います。

神道はお金儲けに対してどのような評価を与える事ができるのか考えて見たいと思います。

日本人はお金儲けを悪い事と感じる?

感じる必要はないのが結論。バリバリ稼ごうと言う事です。

その理由をまずは一般論から考えて見たいと思います。

「清貧」と言う貧乏をポジティブに捉える言葉がある様に、我々は貧乏であることは決して悪い事ではないと考えています。しかしその逆で金持ちであることに関しては良い印象を持ちません。

我々が接する映画やドラマ、漫画等では金持ち=権力者=悪者の構図で描かれることが多く、作り手も金持ちをどこか悪者にしてしまう心理があり、その様なエンターテイメントを楽しむ我々も、金持ちは悪であるとの印象が刷り込まれています。

まず貧乏について考えますと、貧乏は清く正しい理想的な状態ではなくて成功への過程で耐えるべき修行の時間だと言う事です。

貧乏だったが大成した偉人の話を例にとりたいと思います(金持ちとは若干ニュアンスが異なりますが)。勝海舟のお話です。

勝海舟はお金が無さ過ぎて、当時オランダ語を勉強する人には必要だった『ドゥーフ・ハルマ』と言う蘭和対訳の辞書が買えずにいました。

勝はこの辞書を商人から賃借し2冊分書き写して(3,000頁あったとの事)、1冊自分用にもう1冊を売って借り賃に充てたそうです。

また薪を買うお金が無かったので、柱を削ったり縁側の床を潰しそれを薪にしてご飯を炊いたとも伝えられています。

この話を聞くと、貧乏に耐える偉人の姿に感じ素晴らしいと思ってしまうかもしれません。

何に感動するのかと言えば貧乏であることに感動するのではなく、貧乏だけど勉強して偉い人になった、貧乏でも「志」を貫き通したと言う部分が感動を起こさせる。

貧乏でも人物になる努力を怠らなかった事、それがこの話の教訓と据えるべきなのです。

そうであるから、あの勝海舟も貧乏だったんだから、貧乏が素晴らしいとの解釈はおかしいわけです。

自分が貧乏であることの正当性の担保として偉人の貧しさを持ち出したりする人がいらっしゃいます。これは、話の本質を理解できていない事になるのです。

日本人は自分がお金持ちになる事への抵抗はあるのかと言えばそうではない。

昔話でも良くあるパターンで「花咲か爺さん」の話や「おむすびころりん」は、結果的に道徳的に正しい行いをしたお爺さん(善人)が褒美をもらったりお金持ちになる話で、お爺さん達はこの報酬を拒否するような行動は取っていません。

報酬を拒否するような後日談が付け加えられずに今日までこれらの話が伝わってきたと言うことは裕福になることについて、日本人の深層意識からして正当な報酬であればそれを受け取り、お金持ちになる、裕福になる事については拒絶していないのです。

「自分」が儲ける事は別に抵抗が無い。では何故お金儲けがネガティブな印象を持たれるのか。

これは単純に「他人」が儲ける話は面白くない、僻んでしまうからなのです。

金持ち喧嘩せずで、「自分」が稼いでいたら、「他人」が稼いでいても、その他人を貶めたい等ネガティブな感情は起こりにくい。

人より努力して人徳や学識、スキルや芸術を極め財を為す人は一握り、大勢は途中で努力を忘れて現状維持に甘んじ、性や娯楽、レジャー等にお金を使ってしまいます。

大多数は大切な時間を浪費し、結果的に財を成すに至りません。

その大勢の人たちが世論を形成するのですからお金持ちへの僻みがいつの間にか=お金持ちは悪と言う考え方が導かれて行くのも自然な流れだと思います。

私も大勢の中の一人で、お金持ちを僻まないでおこうと思うのですが、努力するより僻んだ方が楽で、そしてその様な考えでいる方が共感を得られやすいのでそっちに流される事が多く戒めが必要です。

お酒の席で、自分の努力の在り方よりも、人を論評する方がお酒の席は楽しめると言う経験があるのではないでしょうか。

「お金儲けは良い」けれども「お金持ちは自分より楽できて、贅沢なことできて腹立つ」、だから「そんなの不平等。お金持ちは悪い奴ら」、「お金儲けは汚い」、そして「努力するより愚痴った方が気楽」と言った具合でしょうか。

大勢の人たちが現状維持に傾く為に、お金儲けが歪んだ評価を受ける事は仕方がないかもしれません。

神道はお金儲けを肯定する

神道は弥栄、上昇史観です。これだけで神道が富める者に対する評価はどんなものか十分伝わると思います。

例えば、日本の神道は素朴な建築方法で贅沢を禁じている様なイメージですが、 「宮柱太敷立」、「高天原に千木高知りて」等大きなお社を形容する言葉も大祓詞に登場します。

大きなお家=資産の象徴です。質素倹約、清貧を旨とするのであれば、柱もそこそこで屋根の低いお家でもいいわけです。

そう言った記述ではなく大きなお家を建てました。と書いてある。

金運に纏わる神社はたくさんあり、特にお稲荷さんに参拝して「宝くじ当たりますように」や「商売繁盛」と祈ってもバチは当たらない。

それに神道では、豊作祈願が重要視されてる事に注目が必要です。

今でこそ初穂料として、神前にお供えするものは金銭になりましたが、昔は稲穂だった。

稲穂(食べ物)こそ太古においては、命を支えるありがたいもの。

この豊作を祈る事はとても重要な事でした。現代では、お金を以ってこの稲穂(お米や食べ物)を買い、稲穂を育てている人たちにお金が渡る。

お金があればあるほどその量に比例して豊作(有用なものが溢れる)状態を疑似的にであれ眼前に顕現させることができます。

日本人は豊かさを求め神と人の共同作業が行われてより幸せに、より上昇して行く事を祈りの一形態と認識している。

古から伝わる豊作の祈りは、現代のお金持ちなりたいとの祈りとでは、豊かさを求めると言う点で本質は変わらないように思います。

身もふたもない話ですが、お金があればこそ修理固成(畑を耕す土地が買える、トラクターが買える、肥料が買える、農業を学びに大学に行ける。全て尊い産霊の輝き)に参加できる経済構造。

したがって、持てる者の方がどういった産霊を行うか(行えるか)の選択肢が増えるので、神道的生き方に沿う生き方も実現しやすいのです。

但し、人を騙したり、迷惑をかけて得られる豊かさは清明正直、三社託宣等神道倫理からして御法度なのは火を見るよりも明らかです。

そう言った事がまかり通ればお金儲けの場所となる社稷(プラットホーム)の破壊につながりかねません。社稷が破壊されれば、豊かさを求める道は閉ざされてしまいます。

世にはびこる清貧バイアスは穢れの一種だと思って根の国に返送してしまいましょう。

要するに貧乏があるから富貴栄達する事の尊さがわかる。清貧と言う概念はそれまでの働きです。

清貧ならぬ清栄の心持で神々と共に豊かになり、また神々に対しては豊かさの材料をたくさん提供して下さった恩頼に感謝して行きましょう。

ABOUT ME
狐平太
神道ブロガーの「狐平太(こへいた)」です。日本人の霊性を取り戻すをモットーに神道に関する記事を執筆しています。 記事執筆の傍ら神社本庁の神職階位である「権正階」の検定試験の独学合格と司法試験・予備試験の合格を目指しています! あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。 令和元年神社検定壱級合格!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。