神道論

神道と承認欲求排斥論ー神話をてがかりにー

この記事では、SNS発展の副産物である「イイネ!」病(承認欲求)についてを神道、神話をヒントに考えています。

そもそも、承認欲求とは?その欲求にこだわる必要はあるのか等を考察しております。

神話に登場する承認欲求の物語

承認欲求とは、自分の事を理解して欲しい認められたい、大事に思って欲しいと言う人間に備わった欲の事言います。

色んな欲望があるなかで何故承認欲求にフォーカスするのか。

今はSNS時代、誰でもインターネットを通じて自分の意見を発信することができます。得てしてこの環境下では、この承認欲求に憑りつかれやすいからです。

承認欲求は他人に自分の評価を任せてしまうので、どうしても自分を見失ってしまいかねない危険な欲求で一度この欲に飲み込まれてしまうと精神的に大変しんどい思いをしてしまいます。

この記事ではその欲求について神道目線で考えたいと思います。

神道は自らを神々の末裔とし、修理固成=弥栄=発展を重んじて、自分らしく生きる事を教えてくれます。

そしてこの神道の教えに従えば、他人の評価よりもいかに自分の魂の欲求に沿えているかが大事であって、他人の評価は2の次なのです。

そうは言っても褒められたり、肯定されたりすると嬉しくなるのは仕方のない事です。

やる気につながったり自己成長の糧にもなりますので完全に消し去る必要はないと思います。

一見して神道と承認欲求は関係ないように思われますが、実は神話の中でそれらしい話が記載されているのです。

結論を言いますと神話のなかでも承認欲求はあまり良いものとはされていない様です。

天照大御神(アマテラスオオミカミ)、月読命(ツクヨミ)と並び三貴子と称されとってもえらい神様とされる素戔嗚尊(スサノオノミコト)。

素戔嗚尊は 伊弉諾尊(イザナギノミコト)から産まれた神様で、

伊弉諾尊 より海の世界を支配するように命令を受けます。

しかし、素戔嗚尊 は黄泉におられる伊弉冉尊(イザナミノミコト)を恋しがった為、伊弉諾尊はけしからんと思って別の世界に追放しようとしました。

素戔嗚尊は外界に旅立つ前に高天原を治める事になった天照大御神に挨拶に行こうと思い、天上に昇るのですが、天照大御神は攻めてきたと勘違いして、武装して迎え撃とうとします。

実はこの話、素戔嗚尊の承認欲求が語られていると考える事ができます。

挨拶に行くと言っても天に昇る際、国中が振動したと書かれていますので、挨拶と言うよりも自分の意見を主張したかった様に思います。

自分の意見を認めて欲しいから荒ぶる。

これは承認欲求の体現と言うことができます。

そして、この行動に対する天照大御神は武装して迎え撃つ姿勢をとりました。

あらゆる存在に愛や承認をもたらすはずの天照大御神がこの態度なのです、最高神をして一方的な承認欲求に対しては良い評価を与えていないと言う事になります。

承認欲求と自己成長の分離ー神話をヒントにー

天照大御神は素戔嗚尊の話を聞いて、誓約(うけい)を行う話になっていきます。

すなわち天照大御神は素戔嗚尊の承認欲求を一旦受け入れ、本当に自分の治める高天原を侵略しに来たのではないかその真意を探る儀式に入るのです。

我々が神社に行く時と言うのは承認欲求、もっと広くあらゆる欲望を心願成就と言うことで祈念いたします。

この事は、素戔嗚尊と同様に自分の気持ちだけをぶつけようと拝殿に乗り込む失礼をやってしまっているのかもしれません。

我々も欲求を神様にお伝えし、その神様との間で誓約がはじまるわけです。

お祀りされている神様の承認基準に適うのか、その神様に自分の欲を満たしたい動機背景や自分の欲を満たす事で問題が発生しない事を包み隠さず開陳するのです。

もっと具体的にわかりやすく言えば、弥栄を旨とされる神々の前で「これ以上、自分の家が栄えません様に」と祈った所で、心のどこかでこの欲求の承認は得られないとわかるはず。

そう言った状態であれば誓約は失敗で神々との交通も途絶え(特に自分の中の神々)、願望成就に向かって心のエンジンが上手くかからなくなります。

神話では素戔嗚尊は天照大御神に承認され、何故か高天原で暮らすことになりましたが、素戔嗚尊は暴走を始めます。

この話、他人に認められると言う事と本人の実力や人徳、本当の自己実現とは引き離した方が良いと神道は教えてくれている様に思います。

承認欲求が満たされた素戔嗚尊のあのお姿が記載されているからです(大祓詞に載っている天津罪とは暴走した素戔嗚尊の仕業とされます)。

神話には誓約の結果、素戔嗚尊の正当性が認められなかったパターンの記述はないです。

しかし、認められなかったと言う事は最も分かりやすい形で自身の欲望の実現(この記事では承認欲求)が否定されたわけですから、その実現のためにさらなる創意工夫、自己成長の必要があると言えます。

承認欲求が受け入れられた場合は実力が認められたのではなく、ただその欲求を満たしてくれただけだと気を引き締め慢心を制し、

承認すらされなかった場合は、さらなる努力を行わなければならないと言う事になります。

この様に考えると承認欲求を満たすことは終局的な人生目的ではないのではないかと言う結論に至ります。

承認欲求が満たされた(勿論他人の評価基準をクリアする必要がある)➡しかしその人物の本質的完成ではない➡承認欲求の消化は人格や神性の成長とは関係なくガス抜きの一法と言うことです。

神道的結論、承認欲求に振り回されず、自分が自分に課した課題をクリアして人物を磨き世界の弥栄に寄与するミコトモチになるべきです。

承認欲求は人生において2の次、3の次。承認されれば天狗に、逆に承認されなくても寂しい、どうでも良いものです。

ABOUT ME
神田 哲拓
神田 哲拓
神道ブロガー。神道研究で得られた智慧の共有をモットーに、神社や神道記事を執筆しています。 神社大好き人間(神社検定壱級)兼 大家さん(現在戸建1戸+宅建士)兼 サラリーマン。 神道研究とフォルクローレに没頭したい。あはれ、 あなおもしろ、 あなたのし、 あなさやけ、おけ。我が信ずるところに従いまして言の葉を紡ぎます。
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です